日焼けした弟子の魂よ永遠に
さあ、「不運」に関して考えてみない?それほど難しい事って無いと思うんだよ、「少年」に関してはね。
ホームボタン

雹が降った水曜の夜明けにカクテルを

今年の夏は、海に入りに行っていないが、泳ぎにとっても行きたい。
現在、ひとり娘が2歳になったばかりなので、泳がせないでちょっと遊ぶ程度だけれど、きっと喜んでくれると思う。
しかし、娘は、パンパースをつけているので、周りの人の事を考えたら海につけないのがいいと思う。
遊泳用のオムツもあるが、問題になっているらしいので。

具合悪そうに自転車をこぐ弟とぬるいビール
誕生日に親友から貰った香水は、かなり強いフローラルの香りがする。
合う香水を意識して選んでくれた瓶で、ボトルが小さくて、飾りのリボンがお洒落だ。
香りも香水ボトルもどんなに大げさに言っても華やかとは言えない香水だ。
ショップにはたくさんの商品が置かれていたが、目立たない場所に置いてあったもの。
サイズは本当に小型。
持ち運びやすくお気に入り。
外出するときだけでなく、仕事のときもカバンの中に、家で仕事をするときはそばに必ず置いている。
それで、私のカバンの中はどれも同じ匂い。
いつでも身に着けているので、つけていないときは、今日あの香りしないと言われる場合もたまに。
香水ストアでいろいろ香りを試してみるのは好きなことだけど、この匂いは今までの中で最高に気に入っている。

怒って大声を出すあの人と僕

太宰の斜陽は、休みなく読めると思う。
かつては良い所の娘だったかず子が、誰にも負けない女性に変身する。
これはこれで素敵だと思ってしまった僕。
かず子のように、誰にも負けない行動力と、意見を押し通す我が戦争が終わったこの頃は必須だったのだろう。
それもそうだけど、上原の奥さんからしたらうざいだろうとも思える。

笑顔で大声を出すあの人と突風
北方謙三さんの水滸伝の人間味あふれていて男らしいキャラクターが、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主要な登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
キャラクターに現実の人の様なもろさが見えるのもやはり、はまっていた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか未来の為に極力頑張っているのが読んでいて夢中になる。
読み進めていておもしろい。
しかしながら、心ひかれる登場人物がひどいめにあったり、夢がやぶれていく話も胸にひびくものがあるからひきつけられるフィクションだ。

じめじめした祝日の昼は外へ

暮らしたところが違うと食生活が異なることを妻と暮らしだしてからとっても気づくことになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻から急に言われ、買ってきていたのかなと思ったら、家で作ることが一般的みたいだ。
缶詰のモモやら他と氷を挿入して、普通の牛乳を入れてミキサーで混ぜてすぐに完成。
ミックスジュースを作ったものを飲んだのは最初だけれど、非常にくせになった。
おいしかったし、楽しみながら、私もつくっている。

風の強い仏滅の午後に微笑んで
ちいさいころから、活字は好きでしたが、何気なく、親が買ってくる本や図書館にある本を読んでいました。
ちゃんと理解しながら読むようになったのは、高校3年生の時。
クラスで、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
内容は、彼氏を失った主人公さつきの、高校時代の思い出がスタートです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験はその当時もその後も、もちろんありません。
だけど、高校時代の私に主人公のやるせない気持ちかぶってしまいました。
複雑な気持ちでした。
ヒロインと、その時の私の年が近かった事、それも原因だと思います。
その帰りに、それを買って帰ったのが本購入の初めての経験です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のストーリーですが、ずっと人気のある素晴らしい作品だと思います。

気持ち良さそうに大声を出す彼女と月夜

カメラ自体、本当に楽しいと思うけれど、それを抜きにしても極め付けと言えるくらい愛しているのがトイカメだ。
5000円出せばチープな物がすぐ得られるし、SDがあるならパソコンですぐ再現できる。
眼前性や、その一瞬を写すには、一眼がお似合いだと思う。
だけど、その場の情緒や季節の感覚を撮影するときには、トイカメには他のどれにもかなわないと推測する。

目を閉じて泳ぐ姉ちゃんと穴のあいた靴下
梅雨が明けたばかりだけど、今日蝉の鳴き声を聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と思った。
夏休みを目前に控えた休日の午前中、少年は縁側で空を見ながらアイスを舐めていた。
軒下では風鈴がときおり鳴っていた。
朝から日が強く、日差しが座った少年の足を照りつける。
少年は元気に半ズボンだった。
顔中から汗が流れ、アイスクリームも溶けてきた。
少年は、近くにある屋外プールのオープンに期待していた。

月が見える土曜の深夜は目を閉じて

銀座のクラブの女性を見ると、大変だろうなーと思う。
それは、キメキメの見た目、会話、そのための努力。
客に完全に勘違いをさせないで、ビジネスだと思わせつつ、また店に来てもらう。
たまに、もしかしてこのお姉さん、俺に惚れているのかな?など気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、難しそうだ。
一番は、私はナンバー入りのホステスさんたちの月給がとても知りたい。

余裕で叫ぶ弟と花粉症
小説家、太宰治の斜陽、大ファンの私は、三津浜水族館近くの安田屋旅館に行った。
共に太宰治大ファンの恋人。
その安田屋旅館は、作家の太宰がこのストーリーの章の一部を書くために滞在した港町にある旅館。
一歩動くと、ミシミシと、響く。
宿泊のついでに見せてもらったのが、宿泊した階段を上がってすぐの角の部屋。
雪をかぶった富士山が半分だけ、頭を出していた。
道路を挟んですぐの海の海面にはいけすがあった。
三津浜は足を運んだ甲斐がある。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 日焼けした弟子の魂よ永遠に All Rights Reserved.